上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先週、土曜の夜。
久留米での「小曽根真&No Name Horses」。

なんとも言葉にできない感動。

たぶん、ワタシがどんな詩人であったとしても、
一行たりとも、言葉にできないと思う。(といいつつ今書いているがw)

スピード感あふれ、
緊張感はりつめる中においても、

Bass Trombone山城純子さんの、
の~んびりとした
”米沢牛”と”豊後牛”の吹き分け、
リードトロンボーン中川英二郎さんの
”インド象”と”アフリカ象”の吹き分け、
(・・・実は、全部一緒だったのだが)
など、おもしろトークなんかもあったりと、
小曽根さんのライブ運びの巧みさも初めて感じた。

そして最愛の雄三ちゃん。
遠目から見てもはっきりと識別できる、
あの素っ頓狂なご尊顔。(ほめてるのか?)
アドリブソロは、2部。
微動だにせず、
いつもの美しい伸びやかな高音と高速パッセージ、
なのに、スライドはほとんど動いていない、
どうやったらあんなこと出来るんだろ???
そういや、
ライブ中、
小曽根さんが、トランペットのエリック宮城さんに、
「エリックさん、何を食べたらそんなハイトーンが出るのですか?」と振ると、
エリックさんは、ひとこと、

「焼き肉」(!)

ワタシも焼き肉好きなのになあ(違)

ホールなのに、
ライブハウスみたいな、
近い距離感、
ジャズのビッグバンドなのに、
アイドルコンサートみたいな
ラストのスタンディングオベーション。
メンバーひとりひとりの
ネームバリューに頼ることのない、
最強にして最高のビッグバンドだと実感した。
スポンサーサイト
2009.03.23 Mon l ライブ l COM(2) l top ▲

コメント

あっぱれ!!
多分・・・相当に興奮されたご様子。

阿鼻叫喚のいつものレポートの切れ味はなく、

追っかけ一途の熱狂ファンになられたようで、

実に自然な成り行き。

ポンポコ雄三ちゃんのスライドはおそらく倍音ポジの高速入れ替えの術。

マロン師匠が厳しくおっしゃる、リップスラーの高度な応用技じゃな♪

か~るく、か~るく力まず無駄に動かず。

できるようになりたいもんじゃ。

宿敵ポンポコたぬき殿。

次回は是非この目でガン飛ばして茶色い声援を浴びせた押してあげたいものじゃな。

ふぉふぉふぉふぉ。
2009.03.23 Mon l 大奥のじぃ. URL l 編集
>大奥のじいさま
うむ、なるほど。。。。しかしながら、
わが身に置き換えれば、

高度の応用技といわず、v-405

低度の基本技だけでも
習得したいものですのぉ~、だはwv-395

雄三ぽんぽこりんは、あくまでも、
鑑賞用でございますv-415
2009.03.23 Mon l tommy. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。