FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
20090302143121
使えない手タレ、春バージョン。
おととい、T浜さんから、
練習用プラスチック製マウスピースをいただいた。

「これで、練習するヒマがないなんて言わせませんよ」

いつでもどこでも、ぶうぶう言わせてろ、ということか?

なんだか、赤ちゃんのおしゃぶりを想像(違)

まあいい。

さっそく、お風呂で湯船につかりながらぶうぶういわせた。
(待て、ところで、ぶうぶうでいいのか?)

お風呂での金属のマウスピースは、
入浴剤の硫黄に反応すると、
メッキがはげそうな気がしていたけど、
これならそんな不安もないし、

透明なので、唇のカタチもよく見える。

閑話休題。
ワタシの尊敬する作家東海林さだお先生。
まだ血気盛んな(局所的に)勉学の途次、
広辞苑で「陰唇」なる言葉に遭遇したとたん、
まるで地雷原に触れたかのごとく、
勉学は途切れ、
のぼせて文字がかすんで見え、
そんな大きいとか小さいとかなんだと、
恥ずかしさに両手で顔をおおって突っぷすのであった、云々・・
と書いておられた一節を思い出す。

うむ。唇はセクシーな器官なのだ。

このスケスケ透明マウスピースは、
唇のカタチがくっきりわかるのだからして、

そのセクシーさを強調するものなのだ。

そんなものをやたらと、公衆の面前で
どこそこ使うわけにはいかないのだ。

そういう理由で、

「練習用」と限定されているのであるな。

ウンウン。



(練習せんかい!!)







スポンサーサイト
2009.03.02 Mon l 練習 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。