FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨夜、

もぎぎ(茂木大輔さん)の本を読んでいると、

「クラシックのコンサートを聴きにいく場合は、

演奏される曲目がわかれば、事前にある程度、

その曲を聴いておくほうが、コンサートの充実度が高まる」

のようなことを書いてあった。

今度の日曜日に、

N響定期公演を聴きに行く予定になっている身としては、

ここはすかさず、

斯道の大家T浜さん宅ごみ置き場から救出したCD数十枚の中から、

深夜の捜索活動。

ちなみに、N響定期公演、今回の演目は、

『ベートーヴェン:序曲「献堂式」op.124

ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲 第1番 ハ短調op.35

フランク:交響曲 ニ短調』

結果、ベートーヴェンとフランクはみつからず、

唯一、ショスタコーヴィチだけは見つかった。

が、残念、ピアノ協奏曲ではなく、
Symphoniesとある。
どうやら、交響曲らしいw

T浜さんは、ベートーヴェンは嫌いなのか、

それとも、逆に捨てずに大事に持っているのかわからない。

その、斯道の大家、先日、日本フィルの公演を鑑賞なさった。

「いちばんの聴かせどころだったのに、
トロンボーンが音をはずした。」

と至極憤慨しておられた。

こちらは、それが、はずしたのか、はたまた、
もともとそういう音なのかはまっ~たくもってわからないが、

まあ、こういうせりふを言うときのためにも、

そして、そういうハナシについて行くためにも、

曲は前もって聴いておくべきなのだなw

うんうんwww

スポンサーサイト
2009.02.17 Tue l ライブ l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。