上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
クマのプーさん。

この指揮者を見ると、
ついそれを思い出してしまう。

プーさん
「みなさん、もっとまわりの音を聴いてください」

そうか、まわりの音を聴かねばならぬのか、

うむ、それなら、ずっと聴きに徹したいところだ。

プーさん
「みなさん、まだまだ、合奏練習のレベルにも達していません」

そうか、そうだろな、
譜読みも出来ていないヤツもここにいるしな、
だいたい、『ダブルバー』って何だ?
『ダブルバー』の1小節前からとか言われても、
どこにそんなのあるんだよ??


プーさん
「ここ(ホルストの第一組曲第一楽章のエンディング)、
トロンボーンさん、いちばん、オイシイところですよ。
『トロンボーンに生まれてきてよかった!』
って感動するところですよ!」

ワタシ、人間に生まれてきてますが??

しっかし、
隣のN岡さん、

バカみたいに吹くんだよ、コレが。

体型、あんまり変わらないのに(汗)

いつも海女さんが素もぐりする直前みたいに息を吸ってる。

「グラン・ブルー」の世界。

そりゃ、あんな吹けたら爽快だろうなあ。。。。。。

スポンサーサイト
2009.02.08 Sun l 練習 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。