上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
7月最初のレッスン日。

コンクール終了後最初のレッスン日でもあり。

ワタシ的には、コンクールは、

なかば結果は最初からわかっていたので(笑)
そう緊張することもなく、どちらかというと、
楽しいばかりで終わったのだけれど、

先生からしてみれば、やはり、
そればかりじゃいけないようで・・・・・w

しかし、おおよそ、とっくの昔にやめてしまっているはずの、
鳴かず飛ばずの音楽を、いまだに続けていられるのは、
「楽しいから」のひとことに尽きる。
個人的には加点法で限りなく満点に近いのだけれど(そりゃ言いすぎw)
審査員は減点法で限りなく零点に近くしてしまう(ごもっとも)という、
厳しい世界だ。
こんなに厳しい趣味はない。(爆)
まあ、それはいい。とにかく、
あんまりストイックにやるより、
多少、おちゃらけでやったほうが
続くのだ。
なんたって、熱しやすく冷めやすい、
飽きっぽい性格(幼児と一緒)
そういったことを、先生にも踏まえていただいたのであろう(違)、
「高い音も低い音も、やってりゃそのうち出る」、ってことで、
出せない音はすっ飛ばしつつ、
本日は主に「タンキング」。

最初、先生が吹き、その後にワタシが吹くパターンだけれど、
もちろん、その違いは一目瞭然、いや、この場合、一耳瞭然か。
ただ、先生が吹いてみせる「悪い例」というのがまた可笑しくて、わかりやすい。
アマがプロっぽく吹くよりも、プロがアマっぽく吹くのはさらに困難をきわめるのだな。(笑)
そんなわけで、今回も楽しいレッスン。だが、

内容の進歩は、ないよぉ(シャレか)


スポンサーサイト
2008.07.17 Thu l レッスン l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。