上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
20081228120425

編成:アルトサックス1、バリトンサックス1、トロンボーン1、ベース1、ピアノ1、ドラム1
の、昨夜は6ピースで練習。

「バイバイ・ブラックバード」
テーマを含め、
もうちょっと吹けると思ったんだけどなあ・・・・・・・。
合奏となると、ノレない、聴こえない、
自己申告の50%くらいだと思っとかないとダメみたい。

ところで、オーケストラの本で、

『トロンボーンは、音の大きな管楽器のなかでもホルンと並んで最大級の音量を持っている。

と記してあるのを思い出した。

自分が吹くと、とてもそうは思えないけれど、

鬼瓦が吹くと、

それは真実になる。

だれよりも大音量を出すことに命を懸けている。

某焼酎のコマーシャル、

「主役より目立っちゃダメでしょ~~~!!」

という台詞があるが、

うしろで和音やハーモニー、
他の楽器とのコラールなど、
つつましく吹くのに将来が見出せないと思った
鬼瓦は、

いまや、ジャズの現場で、

意気揚々と、

血気盛んに、

ワタシの蚊の鳴くような音を鼻で笑い飛ばしながら

楽しそうに轟音をとどろかせるのである。

ちきしょお~、デカケリャいいってもんでもないだろ!

とも思ったが、

フレーズもしっかりしているので、

文句が言えないw

(というかすでに言っているが)

今に見ておれ、

夜道は気をつけて歩け(違)







スポンサーサイト
2008.12.28 Sun l 練習 l COM(2) l top ▲
「この時期、マウスピースが
冷たいので、瞬間的に

もよおしてきます。

どうしたらいいでしょうか?」

 トミコさん(仮名:26歳:女性:未婚)



未婚、カンケイありゃせんがなw

え~と、これはですね、

ワタシの方策としては、

マウスピースケースに、

「きりばいカイロミニ」
しのばせて、数時間前から暖めておくと、
ほどよい口当たりとなり、
解決します。
2008.12.26 Fri l 練習 l COM(2) l top ▲
本日、今年最後のレッスン。

「ロマンス」というスペイン民謡。
といってもピンとこないが、
映画「禁じられた遊び」のテーマ、といえば
あ~、あの曲か、とわかる。
わかるけど、
ワタシが吹くと余計わからないか(汗)
FからDに転調するあたりから、
ガタガタになり、
まさしく、「禁じられた遊び」!!
(本人、遊んでるつもりないんだけどw)
それでも、
右手ひとさし指からの突如としての流血効果もあいまって、
哀れさと痛々しさを誘ったのか、
大甘に見てもらい、
合格とあいなった。年末謝恩ボーナスか?

その後は、
先生の模範演奏で”スラー”をスラーっと流し、
今、ワタシが吹奏楽団で必死こいて練習している
ホルストの「第一組曲第一楽章」を、
先生に吹いてもらえるというこれまたボーナス。
わ!CDで聴いている音とおんなじだ!!感動だ!!!
しまった!!
録音しとけば、
ほんとにボーナストラックになったのになああ・・・・・w


2008.12.22 Mon l レッスン l COM(0) l top ▲
20081218182644
うぎゃ!サイズ同じくらいですが(笑)、ワタシより、
音、出てます。(泣)(;_;)
2008.12.18 Thu l 練習 l COM(0) l top ▲
先日、
Mさん、犬の散歩の途中に近くまで来た、
ということでお立ち寄り。(どこまで散歩してるん?)

Mさんは、1番トロンボーンなのだが、
ここ1年ちかく、仕事が多忙で、練習を休んでいる。
時期としては、それと入れ替わりにワタシが入ったような形になったが、
まったくその穴は埋まっていない。
埋まるどころか、
パートリーダーの仕事を余計に増えさせた。
指揮者が、
「え~、そこの、『あうふたくと』、ある人だけ・・・」と
指名していたのだが、
「・・・・・・・・・・・」(←静止状態無反応の「あふうたくと」のある人)
そうなのだ、パートリーダーは、ワタシにいちいち通訳をしてやらねば
ならなくなったのだ。
まあ、それでも、
「dur」が長調で、「moll」が短調くらいはだんだんとわかってきた。(汗)
(ホルストの「Es dur」だって「E♭」って思えばな~んとなく、
スライド持っていくとき気持ちスムーズのような。)
でも、逆に、
パートリーダーに、
「引っかけ」とか「E♭ペンタトニックスケール」って言っても、
通じなかったのは、
なんだかエッヘン、とした感じだった。
2008.12.12 Fri l 練習 l COM(0) l top ▲
昨夜、楽団の練習のあいまに、

T浜さんが、「Night&Day」を吹いていた。

T浜さんがジャズを吹くのは珍しい。

なんといっても、余暇はすべてクラシックにつぎ込む人だ。

しかも、アドリブまで吹いている・・・・・どっかで聴いたフレーズだ。

そう思ったら、なんと、ワタシも持っている、
片岡雄三さんの書き譜だった。
よし、これでまたひとり、ジャズ派が増えそう(違)

Tommyさんのライブのことを報告すると、

「京都に富○タケ○さん」っていう、
上手いひとがおって、何回か会ったけどなあ・・・・・???」

とおっしゃっる。

「京都にいたんですか?」
と訊くと、

「あんまり思い出したくない・・・・・・」
と、遠い目をされたのであった。

なんだ??

みんな、頑張ろうよ!!

いつだって、音楽は裏切らないよ!!

いつだって、音楽は君の味方だよ!!

・・・・・と、ひとりで青春したのであった。

(ったく、なにやってんだか)




2008.12.10 Wed l 練習 l COM(2) l top ▲
12月最初のレッスン♪

これからは、出来なくても、
吹けなくても、笑って誤魔化すのをやめよう、

とヒソカに決意して臨んだものの、

なんてことはない、

先生のほうの笑いが止まらないようなので、

決意は即、取り下げた。だはwそんな可笑しいか??ウン。可笑しいな。

ウン。でも、まあいい。

”エニ・ピッチ・オッケー”

どんなピッチでも大丈夫・・・・・と、ほめてくれたのだから(違)

いいのだ、そういうことにしておくのだ。

そして、ついでに?ワタシのキャッチコピーも決定した。

「調性の破壊者」だ。

いいじゃないか、すごいじゃないか、まるで、

メシアンだ!

シェーンベルグだ!!

オーネット・コールマンだ!!!

ワタシが、トロンボーン界に新風を巻き起こす日は、
そう遠くないかもしれない。

う~~~~~~ん・・・・こりゃ、インフルエンザにでもかかったか???
2008.12.08 Mon l レッスン l COM(2) l top ▲
20081208143240
またまた、T浜さんちの可燃物置き場行き一歩寸前のところから救出したCD。
「ブルックナー交響曲全集」
指揮は、ヘルベルト・フォン・カラヤン
なんと、これ、9枚組!!
なんで捨てるんかな???
本人いわく、
「身辺整理」なのだそうだがwwwww



2008.12.08 Mon l お気に入り l COM(0) l top ▲
20081202232123
今夜、よく行くお店でかかっていた、このシーズンお決まりのクリスマスソング。

がしかし、

「赤鼻のトナカイ」のトロンボーンには耳が止まった!
ライナーノーツを見せてもらった。

やっぱりワタシの耳にマチガイはなかった!

「tb:片岡雄三」

なんで、赤鼻のトナカイがこんなカッコよくなるんだ!

ええなぁ

と、ひたりながら焼酎飲んでるワタシが赤鼻のトナカイになっていた( ̄▽ ̄;)
2008.12.02 Tue l お気に入り l COM(2) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。