上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
吹奏楽団の練習参加。

ホルスト「第一組曲」
1・Chaconne(”シャコンヌ”と読む・・・らしい)
2・Intermezzo(”インターメッツオ”間奏曲の意味・・・らしい)
3・March(”マーチ”行進曲)

1・なんだか練習曲のフレーズのようで、
基礎練習にちょうどいいかも~・・・と思っていたら、
終盤のsoliは現段階のワタシの出せる音域よりはるかに高いので無理。

2・休みが23小節、半拍吹いてすぐ31小節休み。
休みを数えるのに集中力がいるので苦痛。
お腹すいたなあ・・・・とか思ったら、すぐ迷ってしまったw

3・2分の2拍子というのがいまいちわからん。
音符を書くのが面倒だったから、拍子記号だけ半分にしたのかなあ、
ホルストさんの紙代とインク代は安く上がったかもしれないが、
リズム音痴の身にはこれまた苦痛w
最後のフォルテ4つって何??3つまでしか見たことないよ。
案の定、いつもの「今の300倍の音で吹いてください」が、
「1200倍の音で吹いてください」になったw

1回通し終わったら、
椅子に座ったままの状態で、冷たくなっていた。

あと5ヶ月でなんとかしよw


スポンサーサイト
2008.11.30 Sun l 練習 l COM(0) l top ▲
20081128.jpg昨夜は、ビッグバンド「カウント・フォー」のライブを観に。
あいかわらず音量あるトロンボーンセクション。
よ~出るなあ~。。。。。
しッかし、ジャズはノリが難しい~。
ある程度のハネ?がなければ、
ブラスバンドの演奏だし、
ありすぎると、チャンチキ音頭だし(←ワタシw)
「Basie,Straight Ahead」も「April In Paris」も、
エラく高速化したむきはあったけれど、
あのテンポで皆一様にまとまって最後までいける、
というのはさすがに結成20数年のベテランのビッグバンド。
先生に「バンドが長続きしてきた理由」をきくと、
「リーダーのいいかげんさ、テキトーさが長続きの理由」。
もちろん、謙遜・・・・・いや、ひょっとすると、案外、そうかも。
ワタシの練習も、テキトー、いいかげんだからこそ続いてるのだから・・・・
って一緒にすんなってか?(汗)

2008.11.29 Sat l ライブ l COM(0) l top ▲
11月2回目のレッスン。
あいかわらずリップスラーと、
「ほ~~~~~~ォ」と発音する練習。
「ほ~~~~~~ォ」は、
むぎゅとした縮こまった音にならないためと、
ペダルトーンを出すための登竜門w(たぶん)
10回中、まあ大目に見て、
2回くらい、
高いほうの音も、10回中3回くらいはいい音が・・・・

・・・出てないかorz

よい例と悪い例の両方を先生が吹くのだけれど、
そりゃ先生が吹くのだから、
どっちも良く聴こえるしなあ。。。。。

ひゃあ~~~!難しい~~~~~~!!


2008.11.26 Wed l レッスン l COM(0) l top ▲
毎年恒例の合同演奏会。
県内の吹奏楽団のうち、
今年は8団体が参加、
会場は体育館。
暖房なし。寒い。
自販機のホットコーヒーがこんなにもありがたいと
思ったことはなかった。

当日になって、トロンボーンにはほかの楽団の方が1名、
助っ人に入る。(よほど、心もとなかったのねえ)
それでも、リハで「トロンボーンさ~ん、音、聴こえませんから、
もっと出してください」、と指揮者の方に言われる。
太くクリアな音を出す助っ人。
あまりに低く鮮明で重厚。
1オクターブちがうのかと思って譜面を見たら、
同じ音。なんてスカスカでヒョロヒョロの自分の音。
そりゃ、助っ人も要るわな。(泣)

演奏の目を(耳を?)ほかに向けさせるためか、
ワタシのいる楽団は、本番はコスプレで演奏。
ナース、メイド、サンタクロースにお姫さま、
みんなそれなりにかわいいのばっかりなのに、
ワタシャ、マツケン腰元ダンサーズをあてがわれる。
遠めに見たその姿は、まるで、
ド派手なドラム缶!
同じ恥ずかしさなら、まだ演奏を聴いてもらったほうがマシだったかも。(爆)
2008.11.24 Mon l 練習 l COM(0) l top ▲
昨夜またまたわらしべ財産を増やす。
「トロンボーン名曲選100」
という楽譜集。
そして、例によってまたまたT浜さんのキメ台詞。
「どうせ捨てようと思ってたから。」

このまえ、
「テーマがB♭キーで、しかも、
へ音で書いてある譜面とかあるとといいんだけどなあ~・・・・・(チラッ)」
とそれとな~くおねだり?した成果。
(おねだりならわらしべじゃないぞ!)
しかし、その後がいけなかった。

「じゃ、この中から1曲、2週間後の練習日までに仕上げて、
聴かせてください」

だって。。。。。。。

先生か??(汗)


2008.11.22 Sat l 練習 l COM(0) l top ▲
あさっての演奏会での衣装が決まったとのメール。

ワタシの着る衣装は、

マツケンサンバ腰元ダンサーズの衣装らしい。。。

って、いったいどんな演奏会なんだッ!!???

つくづくリサーチ不足を悔やんでいるのであった。
2008.11.21 Fri l 練習 l COM(0) l top ▲
昨日の吹奏楽団の全体練習は、
仕事だったので参加できなかった。

今日のレッスンも、
仕事の都合で別の日に変更して頂いた。

あくまでも、音楽は趣味、という観点でいえば、
それは当然なことであり、仕方がないことかもしれないが、
本人の仕事の都合ではなく、
他人の都合で、自分のペースが崩される、というのは非常に腹ただしい。

かなりおとなげないが、本心だ。

ジグスさんの音を聴いて、怒りを鎮めるのみ。。。。




2008.11.17 Mon l 練習 l COM(2) l top ▲
吹奏楽団の練習参加。
遅れて参加のワタシに、
毎回甲斐甲斐しく椅子を出してくれるチューバの青年に、
「お!いつも優しいねェ~、なんだったら、
結婚しようか?(爆)」
となりのトロンボーンにはウケたが、
青年にはシカとされてしまった。うむw
そうか、どうも、ここはそんなところ(どんなところ?)
ではないらしい。

今夜は、いつもの指揮者が体調不良で欠席。
違う人が指揮&指導。
このひと、ちょい昔、ワタシに
「tommyさん、『山本モナ』をどう思いますか?」と
全然、演奏とカンケイないことを訊いてきたオモシロいひと。
でも、今日は、四分休符のあとの”タッカタタタン”?のリズムが
鈍くさいほど出来なかったので、そこばっかりやらされた。
あげくのはては、
「まだまだ個人練習の領域ですね、
いまの300倍くらいの音量で吹いてください
とチクリ。
だはw
本番、来週ですが、何か?(笑)

それにしても、
「水戸黄門」と「ボレロ」
って、似てる気がする。。。。。(汗)




2008.11.16 Sun l 練習 l COM(0) l top ▲
来年の吹奏楽団定演でのアンサンブル曲。
先日、どういう形式でやりたいかを問われたが、
形式も何も語れるようなレベルでもないので、
これまた、
「何でもいいです、おまかせします」
と答えると、
またしても、
「頼もしいですね」
ときた。
いったいなんと言えばいいのだろう。

その後、候補曲に選定された、
「トランペット吹きの休日」。



いったい、いったい、なんと言えばよかったのだろう。。。。


2008.11.11 Tue l 練習 l COM(2) l top ▲
11月最初のレッスン。

ポジションを変えずに、
唇と息のコントロールで音を変える練習。

振り返ると、かれこれ4ヶ月もここらあたりで足踏みしている。

「毎日練習していればそのうち出来るようになる」、
の、「そのうち」がなかなかやって来ない。

来る途中に自動車学校がある。

信号待ちの横目でみる。

4ヶ月前に入学した教習生は、
もう路上に出たであろうか?
あるいは、もう免許が取れているかもしれない。
だはw

出しやすいポジションの音でも、それに反して、
唇のフレキシビリティがだんだんと損なわれていく(もともと備わっていない?)のが
なんともかんとももどかしい。

先生いわく、これはクラシックでは
使わない技?らしい。
使わないどころか、
使ったら怒られる技らしい。
怒られる。。。。
うむ。
そうか、ぜひとも、
出来るようになって怒られてみようと思う。
2008.11.10 Mon l レッスン l COM(4) l top ▲
20081109105421
使えない手タレシリーズ第?弾。
昨日ココロ優しき先輩より、
わらしべ宛てに、
「Vincent Bach 6-1/2AL 太管用」マウスピースなるものを頂戴いたした。
これを先日T浜さんより頂戴いたしたチャイニーズF管に接続する。
もらいものばっかだ。
ついでに、
腕まではもらえないのだろうか・・・・・・w
2008.11.09 Sun l 練習 l COM(0) l top ▲
土曜夜、吹奏楽団練習。

トロンボーン参加者、1名。

パートリーダーが持ち帰っているので、
譜面なしw

キャノンのミニコピア持参の世話人、

こういうときのためにかどうかは知らないが、

譜面をその場でコピーしてくれるという。

「何番吹きますか?」

と尋ねられたが、
曲を知らないし、
知っていても結果は同じ(汗)

よって、

「何番でもいいです」

と答えると、

「頼もしいですね~」

と言われる。

「え??まあ、そうですね」(うそつけ)

そんなわけで、

案の定な結果であった。

ハッタリもほどほどにw
2008.11.09 Sun l 練習 l COM(0) l top ▲
昨夜、ワタシと、先輩トロンボーンR氏は、

寒空の下、もうすでに、最終も通過したあとの、
バス停の冷たいペンチに座り、

なにやら聴こえてくる素っ頓狂なノリのサックスの音に、
イチャモンつけている
怪しい二人組と化していた。

元来、トロンボーン奏者というのは、
開放的空間指向のアウトドア的人間らしいが、
なにが悲しくて、こんな場末の、
読み方もわからないような地名のバス停のベンチで、
背中を丸めて縮こまり、
寒さにふるえていなければならないのか!

と、惨めになったあげく、

風邪をひいただけで帰ってきたのであった。







2008.11.05 Wed l 練習 l COM(0) l top ▲
きのうまたT浜さんがCDを10枚くれた。
前回も10枚くらいくれて、
今回で20枚くらいになった。
そのまえは中国製といいながらも、F管もくれた。
本来、わらしべ(長者)とは、
なにか物々交換してこそ、
わらしべになりうるのだが、
なにも交換していないし、
差し上げてもいない。
あまりに申し訳ないので、
1000円札1枚差し出した。(汗)

(こらっ!!こどもの使いかよ)

「あら儲かった!!
捨てようかと思ってたのに!」

うむ、むこうがわらしべになってしまった。

その10枚の中に、

レスピーギのローマ三部作が入っていた。

NHKのテレビで観たときは、

とっても感動したけど、

CDで聴くと、

なんだか、

映画音楽みたい・・・・(汗)

まあ、それが、多くのひとが感じる親しみやすさ、というものかもしれない。

そういえば、

きのう気がついたけど、

「五木の子守唄」の歌いだしと

「The Shadow Of Your Smile」(いそしぎ)の歌いだしは、
似ている・・・・・・・。




2008.11.01 Sat l 練習 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。