上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先週、土曜の夜。
久留米での「小曽根真&No Name Horses」。

なんとも言葉にできない感動。

たぶん、ワタシがどんな詩人であったとしても、
一行たりとも、言葉にできないと思う。(といいつつ今書いているがw)

スピード感あふれ、
緊張感はりつめる中においても、

Bass Trombone山城純子さんの、
の~んびりとした
”米沢牛”と”豊後牛”の吹き分け、
リードトロンボーン中川英二郎さんの
”インド象”と”アフリカ象”の吹き分け、
(・・・実は、全部一緒だったのだが)
など、おもしろトークなんかもあったりと、
小曽根さんのライブ運びの巧みさも初めて感じた。

そして最愛の雄三ちゃん。
遠目から見てもはっきりと識別できる、
あの素っ頓狂なご尊顔。(ほめてるのか?)
アドリブソロは、2部。
微動だにせず、
いつもの美しい伸びやかな高音と高速パッセージ、
なのに、スライドはほとんど動いていない、
どうやったらあんなこと出来るんだろ???
そういや、
ライブ中、
小曽根さんが、トランペットのエリック宮城さんに、
「エリックさん、何を食べたらそんなハイトーンが出るのですか?」と振ると、
エリックさんは、ひとこと、

「焼き肉」(!)

ワタシも焼き肉好きなのになあ(違)

ホールなのに、
ライブハウスみたいな、
近い距離感、
ジャズのビッグバンドなのに、
アイドルコンサートみたいな
ラストのスタンディングオベーション。
メンバーひとりひとりの
ネームバリューに頼ることのない、
最強にして最高のビッグバンドだと実感した。
スポンサーサイト
2009.03.23 Mon l ライブ l COM(2) l top ▲
20090317090918

昨夜のライブ。たまたま寄ったのだが、
偶然にも、ドラムは、今同じ吹奏楽団でやっている佐藤君。
このあいだまでは「佐藤さん」と呼んでいたが、
どうやら後輩らしいということがわかったので、
「佐藤君」と呼ぶことにする。えっへん!(←先輩風びゅ~びゅ~)
それにしても、このひとは、
吹奏楽を叩くときも、
ジャズをやるときも、
いつも楽しそうに、笑顔で叩いている。
夜だけど、似合わずさわやかだ。
前回の定演後のアンケートでも、
7割(当社比)のお客様が、
「ドラムのひとがかっこよかった」
「ドラムが上手い」
「ドラムをもっと聴かせてください」
と書き記していた。
1枚くらい、
「トロンボーンのひとがカワイカッタ」
「トロンボーンのひとがヘタくそだけどカワイイので許す」
とかあってもよさそうなものだが、
それはまったくなかったようだ。だはw。

今夜のライブ。
サックスがソプラノとアルトを持ち替えつつ、
ケニーGのような音で、
ジャズだけでなく、
「未来予想図2」「ハナミズキ」「いとしのエリー」
などのJ-POPも。
が、これまた素晴らしくJazzyなアレンジ。
「すいませ~ん、マイクをお願いしま~す」と言いたくなるのをおさえつつ、
聴き入っていたら、
カウンター嬢までもが聴き入っている様子。こら、ちゃんと仕事しろ!
おっと、いとしのピザが出てきた。
円盤状のピザではなく、
中にきのこと、ジャガイモと半熟たまごとゴルゴンゾーラが折り込んであるピザ。
これがまた美味。
料理が美味だと、当然、アルコールも増える。
そんなわけで、
今日は頭痛。。。。。。。。
2009.03.17 Tue l ライブ l COM(0) l top ▲
今月の「No Name Horses」のライブチケット購入。

つぃに、ついに、初めて、

ナマ雄三ちゃんをこの目で、
ナマ雄三ちゃんの音をこの耳で、

ああ~、そればかりでなく、

中川英二郎さんにまでも、再び会えるのだ。

なんというゴージャス、なんというおトク。

ああ~、そして、

雄三妻までついてくるのだった。

おトクというか、なんというか、

女心は複雑・・・・・・

な~んてウソウソ。

もちろん、山城純子さんのBass Tromboneだって、
めったに見られないわけで・・・・・。
とにかく、バンド自体が超一級プレーヤー揃い。
もともと、このバンド、
伊藤君子さんのレコーディングメンバーとして集まったのがスタートだっていうから、
ホントにスゴイのは、案外、
伊藤君子さんだったりしてね(笑)

■YAMAHAのCMサイト~ちょこっと映ってる~■
2009.03.03 Tue l ライブ l COM(2) l top ▲
20090227.jpg
昨夜は、先生のリーダーズビッグバンドライブ。

事前に「ジャズはわからん」とおっしゃるT浜さんもお誘いすると、
「元気で生きてたら行く」とおっしゃった。
あいかわらず素直じゃない。カワイクない。
けど、来てくれた。単純にうれしい。
こうやって、吹奏楽やクラシックのひとも、
ジャズトロンボーンを、
そして、
先生の「No More Blues」を聴いてくれるといいと思う。

次回は5月予定だそう。








2009.02.28 Sat l ライブ l COM(0) l top ▲
今日、福岡にて、初めて中川英二郎さんの生演奏を目の当たりにし……〓

NHK朝の連続ドラマ「瞳」のテーマでは、その澄みきったピュアで温かい音に心洗われ、
「Heat`On」のアドリブソロではまさにスーパートロンボーンの本領発揮、
どんな苦境?をバックにしても手抜きすることないフレージングとタイム感に大興奮、「チャルダッシュ」では神業としか言えない正確かつ高速スライディングとトリプルタンキング、歌心響く表現力にはただただ感涙。

そんなわけで、雄三ちゃん、
ごめんなさい、

ワタシ、浮気しました。f(^^;
2009.02.22 Sun l ライブ l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。